脊椎管狭窄症になった際に用いられる治療方法は、以下のようなものです。 ・運動療法 ・理学療法 ・薬物療法 ・注射 ・手術 症状が軽い場合は、運動療法やコルセットによる治療が一般的です。 自宅でストレッチや体操を行って歪みを矯正したり、筋トレをすることで必要部位の筋肉を強化することで、症状を改善することができます。 ただし、いいかげんに行ってしまうと症状が悪化してしまうため、必ず医師の指導のもとで行うようにしてください。 症状がある程度重い場合には、理学療法や薬物療法、注射、手術といった治療が行われます。 理学療法とは、血液の流れを改善する温熱療法、電気を使った電気療法、マッサージといったものです。 痛みや痺れが酷い場合は、消炎鎮痛剤、プロスタグランジン製剤、ビタミンB12といった薬が医師から処方されます。 薬物療法で症状を和らげることができますが、治療することはできません。 また、注射も薬物療法と同じように症状を和らげることを目的としているので、治療することはできないでしょう。 症状があまりにも酷い場合は、手術による治療を行う必要があります。 しかし、手術をしたからといって、100パーセント改善する訳ではないということも理解しておいてください。変えたり、定期的にストレッチをするようにしましょう。